ファッションは人間の持っている魅力を高めます

衣服は、単に防寒や身だしなみのツールではありません。その服を身につけている人の魅力を引き出すのが、ファッションなのです。デザイナーの中には、生地の特性や着る人の個性に合わせて衣服を作るので、一点ものの商品しか作らないという人もいるほどです。
もとをただせば、たった1枚の記事なのですが、そこから、最終的には、いろんな表情を見せている服が出来上がるのは、まさに芸術といっていいかもしれません。

ものづくりの醍醐味は、ファッションの世界においても十分に感じられるものなのです。


さて、日本のファッション市場は、トータルで20兆円近くもの規模を誇っています。



国内の多くの衣装企業が海外進出を方向性として持っているのが現状です。
ちなみに、ネットが浸透している現在、日本のファッションビジネスのEC市場は年々増加の一途を辿り、2020年には2.6兆円までの拡大が予想されています。
昨今の購買傾向としては、従来の価格重視から、品質やブランドなどに重きを置くように変換していきました。

M3Qの正しい情報はこちらです。

大手百貨店や専門店では、特にこの動きが顕著になっています。
要因としては、客単価の上昇傾向が明確に表面化してきたところにあります。

販売側の事情としては、都市部への集中化が一層加速されてきています。



地方や郊外のショップが苦戦を強いられている現実は、顕著に見えてきています。


ファッションの世界も、市場の様子は抜本的な返還を迫られつつあるのが事実です。